ジャック・ラッセル・テリア

Pocket

ジャック・ラッセル・テリアの基本情報

原産地:イギリス
毛の長さ: 短毛、長毛
成犬の大きさ:4~6kg
無駄吠え:やや多い(しつけ次第)
運動量:多い
食事量:よく食べる
寿命:13~16年
価格:15~25万円

ジャック・ラッセル・テリアの原産地と名前の由来

ジャック・ラッセル・テリアの原産地はイギリスです。その名前の由来となったジャック・ラッセル牧師によって、キツネを巣穴から追い出すために品種改良されたワンちゃんです。ジャック・ラッセルが作り出していたときには、フォックス・テリアと呼ばれていましたが、彼の死後にジャック・ラッセル・テリアと呼ばれるようになりました。

イギリスで育てられたジャック・ラッセル・テリアは猟犬として進化したため、気性が荒くペットにはあまり向いていません。このため現在の主流は、オーストラリアで品種改良されたジャック・ラッセル・テリアです。

ジャック・ラッセル・テリアの歴史

ジャック・ラッセルが品種改良を行い始めたのは1800年代です。犬種としてはそれほど長い歴史はありません。ただし、品種改良して生まれたジャック・ラッセル・テリアは、とても狩猟能力が高かったため、あっという間に世界中に広まっていきました。

実用的な犬として愛されていたジャック・ラッセル・テリアですので、イギリスではショーの対象にならないように、ケネルクラブには登録されていません。このため、ショーのためのジャック・ラッセル・テリアとして、パーソン・ラッセル・テリアが誕生しています。

パーソン・ラッセル・テリアはジャック・ラッセルが育てた当時の姿を重視していますが、ジャック・ラッセル・テリアは猟に最適化するために、どんどん小型化されて足も短くなっています。

ジャック・ラッセル・テリアがアメリカに渡ってからは、映画やドラマなどで活躍したことで、人気が一気に高まりました。映画「マスク」がその代表作ですが、その他にも俳優犬として今でも活躍しています。

日本では知名度は高いものの、躾の難しさからそれほど多くの人が飼っているわけではありません。それでも、人気ランキングでは20位以内に入るなど、ゆっくりと愛好家が増えているワンちゃんです。

ジャック・ラッセル・テリアの特徴

ジャック・ラッセル・テリアの特徴は、白い被毛にあります。ベースが白いのは、狩猟時に間違って撃ってしまわないためです。また、狩猟時に小さな穴にも入っていけるように、短い足になっているのもジャック・ラッセル・テリアの特徴のひとつです。

スポーツが得意なことからも分かりますように、とても筋肉質だというのもジャック・ラッセル・テリアの特徴のひとつです。ただし、狭い穴に入らなくてはいけませんので、ムキムキの筋肉ではなく細くてしなやかな筋肉がついています。

穴の中で体を傷つけてしまわないように、被毛はとても硬くなっています。この硬い被毛を維持するためには、プラッキングというお手入れが必要になります。プラッキングは古い毛を抜いて、新しい被毛が生えてくるのを促します。その結果、いつも最高の状態で被毛を維持できます。

ジャック・ラッセル・テリアはどんな性格?

ジャック・ラッセル・テリアは猟犬ですので、とても勇敢であり、なおかつ飼い主への忠誠心が高いワンちゃんです。ただし、高い忠誠心を植え付けるための躾がとても難しく、初めてのワンちゃんとしては適していないと言われています。

しっかりとした躾によって、主従関係を築いていくワンちゃんですので、甘やかしてしまうタイプの人にはあまり向いていません。さらに、勇敢ゆえに攻撃的な性格をしています。他の犬とも簡単に喧嘩をしますし、小さいお子さんを噛んでしまうこともあります。

とても好奇心旺盛なワンちゃんで、余りある体力をフルに使って、どんどん飼い主さんを引っ張ってしまうこともあります。このため、体力に不安がある高齢者にもあまり向いていません。一緒になって動き回れる、十分な体力のある人に適したワンちゃんです。

ジャック・ラッセル・テリアはどれくらいまで大きくなるの?

ジャック・ラッセルは小型犬ですが、どれくらい大きくなるかは個体によって大きなバラつきがあります。一般的には4~6kgと言われていますが、8kgくらいになることも珍しくありません。これは品種改良時に様々な犬種と掛け合わされた結果です。

体重で食事量の管理をしている人もいるかと思います。ただし、ジャック・ラッセル・テリアの場合は、そもそもの骨格から体重がどうしても増えてしまうこともあります。体重増加が必ずしも肥満となっているわけではないので、無理な減量はさせないようにしましょう。

とはいえ、食欲旺盛なワンちゃんですので、肥満になりやすいのも事実です。どれくらいの体重が適切なのか、自分で判断できない場合は、動物病院でチェックしてもらい、最適な体重から大きくズレないように気をつけてください。

ジャック・ラッセル・テリアの平均寿命

犬は小型犬ほど長生きをすると言われています。ジャック・ラッセル・テリアは小型犬ですので、比較的長生きをして、13~16歳くらいが平均寿命だとされています。体がとても強いワンちゃんですので、病気にかかりにくいのが長生きの理由のひとつです。

ジャック・ラッセル・テリアは高齢になっても、若い頃とそれほど変わらずに走り回ることがあります。気持ちと筋力は若いのですが、骨などは弱っていますし、視力も低下していきます。ケガのリスクが高くなりますので、飼い主さんが、無理をさせないようにしっかりコントロールしてあげましょう。

また、寿命を少しでも伸ばしたいのであれば、食事にはこだわりましょう。できるだけ無添加無着色の安全性の高いドッグフードを与えるようにしてください。そのようなフードはどうしても価格が高くなり、食欲旺盛なジャック・ラッセル・テリアにはもったいないよう思えますが、私たち人間と同じく、食べたもので体は作られます。

できるだけ安全性の高いフードを選んで、1日でも長く健康でいられるように、飼い主さんがサポートしてあげましょう。

ジャック・ラッセル・テリアの価格

ジャック・ラッセル・テリアをペットショップで買うときの相場は15万~25万円です。わんちゃんとしては平均的な価格で、特別に高いというわけではありません。ただし、テレビ番組やCMなどに使われると人気が上がり、価格も上昇します。そういうタイミングは高値になりますので、気をつけてください。

また、少しでも価格を抑えたいのであれば、ブリーダーさんから直接購入という方法もあります。ブリーダーさんでも、ショー目的で繁殖している場合は、相場よりも価格が高くなりますが、ペットショップなどに卸している場合は、ブリーダーからの購入のほうが価格は下げられます。

あまり予算がないけど、ジャック・ラッセル・テリアを飼いたいという人は、ペットショップではなく、ブリーダーさんに連絡して、そこから購入するという方法も頭に入れておいてください。

元気に育つ子犬の選び方

基本的には病気にかかりにくく、元気な個体が多いジャック・ラッセル・テリアですが、それでも、直感だけに従って選ぶと後悔することになる可能性があります。健康的にすくすく育ってくれる子犬を選ぶにはどうすればいいのか、その選び方をご紹介します。

抱っこして体つきをチェックする

ジャック・ラッセル・テリアはとても筋肉質なワンちゃんです。生後それほど経過していなくても、元気に育つ子犬はずっしりとした重さがあります。まずは抱きかかえてみて、その重量感を比較してみましょう。

思ったよりも軽く感じた場合は、体が弱い可能性があります。そのような個体はできるだけ避けて、体重を重く感じる子を選びましょう。抱っこしたときに、あまりに暴れるようですと、躾の段階で手に負えなくなる可能性があります。大人しく抱っこされる個体を選びましょう。

自分の体力に見合った子犬を選ぶ

何頭か見て選べる場合は、ジャック・ラッセル・テリアの性格をチェックしましょう。元気いっぱいで活発な子犬を選びたいところですが、そうなると飼い主がその元気を持て余す可能性があります。体力が無限にあるように感じるワンちゃんですので、自分の体力を考慮した上で、最適な子犬を選びましょう。

神経質ではなく、おっとりとした子犬を選ぶと、成長過程でしっかりとした主従関係を結びやすくなります。ただし、病気をして大人しいというケースもあります。ペットショップの店員さんやブリーダーさんに、性格として大人しいのかどうかの確認をしておきましょう。

ジャック・ラッセル・テリアを飼うときの注意点

実際にジャック・ラッセル・テリアを飼うことになったとき、どのような点に注意すればいいのかをまとめてご紹介します。

散歩時間の確保とドッグランの活用

ジャック・ラッセル・テリアはエネルギッシュなワンちゃんですので、散歩時間は1日1~2時間ほど必要です。朝晩30分~1時間ずつ散歩をすることになりますので、忙しい人や朝起きられない人には向いていません。

散歩をサボると、室内でエネルギーを発散しますので、家の中を荒らされてしまう可能性もあります。毎日の散歩は必ず行うようにしてください。

また、散歩だけではまだまだ発散しきれませんので、たまにはドッグランのように全力で走り回ることのできる場所に連れていきましょう。そのような場所で、他のワンちゃんに迷惑をかけないように、しっかり躾もしておいてください。

夏場はエアコンなどで湿度管理をする

ジャック・ラッセル・テリアは冬の寒さには比較的強いのですが、夏の暑さ、それも湿度の高い暑さがあまり得意ではありません。エアコンや除湿機を利用して、湿度が40~60%くらいにおさまるように調整してあげましょう。

足が短くて胴体が地面に近いので、夏場の散歩にも気をつけましょう。夏場の散歩は太陽が隠れている時間が理想です。朝はアスファルトの路面が熱くならないうちに戻ってくるようにしてください。

フローリングは避けてマットを敷く

運動量の多いジャック・ラッセル・テリアは、散歩のときだけでなく、室内でも走り回ることがよくあります。床面が滑りやすいフローリングですと、止まるときに関節に負荷がかかりやすく、さらに、止まりきれずに壁や家具にぶつかることもあります。

床材は滑りにくいマットを敷くようにしましょう。もちろん、必要以上に走り回らないように、きちんと散歩をしたり、躾をしたりすることも重要です。ただし、子犬のときは自分で自分をコントロールできなくなるものです。念のためマットを敷いて、ケガの防止をしましょう。

ジャック・ラッセル・テリアがかかりやすい病気

基本的には体の強いのがジャック・ラッセル・テリアの特徴ですが、人間と同じようにどれだけ健康体でも病気にかかる時にはかかってしまいます。ここではどのような病気にかかりやすいのか、その代表的な病気をご紹介します。

糖尿病

糖尿病は食べ過ぎや運動不足だけが原因と思われがちですが、遺伝的にも糖尿病を発症することがあります。そしてジャック・ラッセル・テリアはいずれの場合も原因として考えられます。生活習慣の悪化や、食べ過ぎが原因で糖尿病にかかることがあります。

その症状として、飲む水の量が増えたり、おしっこの回数が増えたりします。たくさん食べているのに太らないというような症状も見られます。このような変化が見られたら、すぐに動物病院でチェックしてもらいましょう。

予防としては、毎日の運動とドカ食いの禁止があります。運動不足は散歩と遊びで解消できますが、ドカ食いは飼い主さんが注意してあげないと止まりません。何度注意しても治らない場合には、食事を小分けにして与えるなどして、ゆっくりと食べる環境にしてあげましょう。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は膝のお皿の骨が脱臼する病気です。ジャック・ラッセル・テリアは足が短く、先天的に膝蓋骨脱臼を起こしやすいワンちゃんです。足を引き摺るようにしたり、スキップをしたりして歩いているときには膝蓋骨脱臼を疑ってください。

早期発見早期治療で重症にならずに済む病気ですので、異変に早めに気づいて、病院に連れて行ってあげましょう。重症になると散歩もできなくなり、手術が必要になるケースもあります。日頃から歩き方をよくチェックしておきましょう。

まとめ

元気いっぱいのワンちゃん、ジャック・ラッセル・テリア。その魅力が存分に伝わったのではないでしょうか。元気が有り余っていますので、これまで他の犬を飼っていた人でも、最初は戸惑うほど、育てるのが大変なワンちゃんです。

でも手がかかる子ほど関係は深くなりますし、何よりもジャック・ラッセル・テリアが飼い主であることをきちんと認識して、忠誠心を見せてくれるようになります。自分や家族のことだけを見てくれるワンちゃんというのは、それはそれで可愛いものです。

躾と散歩が大変ではありますが、飼い主さんが若くてエネルギッシュなら、相乗効果で飼い主さんの健康も促進されます。若いうちにしか飼うことができないワンちゃんですので、欲しいときが飼いどきです。その愛くるしさが気になる人は、ぜひペットショップでチェックしてみましょう。