犬の気持ちを表情で理解しよう!犬と仲良くなる方法

Pocket

犬はとても表情が豊かな動物です。悲しいときは悲しい顔をしますし、嬉しいときは嬉しい顔をします。とてもわかりやすいのが、犬がペットとして人気が高くなる理由のひとつですが、飼い始めたばかりは、その表情を読み違えることもあります。

ここでは犬の気持ちを表情から読み取るために、知っておきたい基本的な傾向について紹介します。

視線で読み取る犬の気持ち

dog-1397226_1280

目は口ほどにものを言うのは何も人間だけではありません。本能的に行動してしまうぶん、もしかしたら人間以上に犬の視線は、そのときの気持を表しているかもしれません。

犬が視線を合わせるときは、警戒をしているケースと何かを期待しているケースに分かれます。何かを期待するのは基本的に飼い主にだけ見せる仕草です。飼い主以外の人や他の犬と目を合わすようなときは警戒心が高まっていますので、飼い主はまず安心できるように声をかけてあげましょう。

視線をそらすケースも2種類あり、目が合うことに不安を感じているか、服従の態度を示しているかのどちらかになります。犬は必要以上に視線が合うことを避ける習慣がありますので、不用意に顔を覗き込まないようにしてあげましょう。

首を傾げるときは人間と同じ

chihuahua-1353347_1280

犬は自分を人間だと思っているのではないかと感じるようなことがあります。その代表的な表情が首を傾げているときの表情です。

これはまさに人間が首を傾げるのと同じで、よくわからないことに出くわしたときや、飼い主の言っていることが理解できないようなときに首を傾げて、きょとんとした表情をします。

ただし、興味は示している状態ですので、理解できるように何度も説明してあげたり、行動を示してあげたりすると、賢い犬はすぐにわからないことを理解してくれます。

目を細めて広角が上がった状態が笑顔です

smiling-1160445_1280

犬は笑顔になると目を細めて、広角が上がります。これは人間も同じですよね。人間が笑顔になっているのを見て、いつの間にか覚えたのか、DNAに刷り込まれているのかはわかりませんが、犬も人間のように笑顔を見せます。

犬も嬉しいときや楽しいときに笑顔になり、飼い主が笑顔になっているときも同じように笑顔になります。可愛い愛犬にはたくさんの笑顔を見せてもらいたいですよね。そんなときは、飼い主が積極的に笑いかけてあげましょう。自然と犬も笑顔になってくれるはずです。

まとめ

犬と人間は長い歴史を一緒に歩んできただけあって、犬の表情は人間の表情にとても良く似ています。最初はその表情から気持ちを読み取れなくても、時間とともに分かるようになりますので、焦らなくても大丈夫です。

ただし、上に書いたように犬は目線が合うのを嫌いますから、表情を読み取りたい気持ちばかり先行して、犬の顔を覗き込みすぎないように気をつけてくださいね。難しく考えず、人間と接するように犬と接してあげてください。