犬の食糞について

Pocket

PROFILE

お名前  :マロンちゃん
犬種・猫種:ビションフリーゼ
年齢   :5ヶ月
性別   :♀
去勢の有無:無し
体重   :3.8kg
現在の食事内容:
プレートワンとオカラささみ
1日のフード量と与え方:
フード30gにオカラチキンと無脂肪ヨーグルト少し
フード以外の食べ物(おやつ、サプリ):
リンゴやアキレスすじ
1日の運動量:
庭に放し飼い1時間と時々散歩
行動の特徴:
甘えん坊、5匹兄妹だった

《Q》
部屋は1部屋を与えて放してます。誰かいるときは家に放し飼い。寝る時は部屋で寝てます。
うちのこさんのフード大好きで喜んで食べます。すごい食欲です。でも、食糞を時々するようになりました。このわんわんのフードに変えてから、よくするようになりました。大好きな匂いがするのかな。悩んでます。噛み癖もあります。
私は仕事していて、昼には一度帰って、ごはんあげてます。食糞が一番のなやみです。わんわんさんのフードは、これからも続けたいと思ってます。

《A》
マロンちゃん、食糞をするようになったとのことですね。
結論から言いますと、若い時代のときは食糞はよくありますので、あまり神経質になりすぎずに、気長に対処してあげてもよいかと思われます。

気になるようでしたら、からし、とうがらしなどを塗ってみることで食糞がなくなることがあります。ヘンな臭いがするものだと覚えさせ、
食糞=まずいもの と思わせるという方法ですね。
また、市販で『ビターアップル』というものが販売されておりますので、それでをかけても効果的かと思います。

食糞は、仔犬成長期によく見受けられる行動で、いづれおさまるものです。おいしく食べてしまうものほど、その後に便にまだフードの臭いをかぎとってしまい、食べてしまう習慣がついてしまうのだと思います。

また、食事量が足りていないという理由で食糞してしまうということもあります。なので、上記のようにフードのニオイを嗅ぎとってしまうのです。

まだ5ヶ月の成長期とのことですので、食事は満腹感を得られるまで十分に与えてあげても問題はありません。
袋の目安量より食してしまっても、あくまで個体差がありますし大丈夫です。
ただ、たくさん食べてしまっても、また食糞してしまうことは十分にありますが、これも成長期の習慣の1つなんだなと思って頂ければ大丈夫かと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする